昨日、7月17日、葛西区民館と隣の滝野公園において、第32回江戸川原爆犠牲者追悼式が挙行されました。河野ゆりえ都議、区議団も参加しました。被爆者の証言も胸に響くお話でした。また、中学生、高校生の訴えも感動的で頼もしく感じました。今年の被爆体験を語られた「山本宏」さんは、弟さんが広島カープの山本浩二さんだそうです。区長も参加し挨拶しました。滝野公園では、参加者が献花を行いました。暑い日でしたが、厳かな式典でした。今年は、国連で「核兵器禁止条約」が採択された記念すべき年です。被爆者援護と核兵器廃絶を飛躍的に進めましょう。中学生の訴えの中に、この国連会議に被爆国日本が参加しないこと、アメリカの核の傘のもとにあるから、賛成できないのだと思うとズバリと指摘したことが、すごくさわやかに感じました。