LGBTと人権 区長が前向き答弁

LGBT


近年、社会的に大きな課題となっているLGBT(性的マイノリティ)と呼ばれる人たちの人権について本会議で質問しました。
区長は「行政の課題。差別や偏見の払拭が目標。区民に理解してもらわなくてはならない」と答弁。当事者から実態を直接聞いてほしいという求めにも、「機会をいただければ」と前向きな姿勢を示しました。

 

    前の記事